最も馴染み深いディーラー車検

所有している自動車が、自動車ディーラーで購入した新車から乗っている自動車の場合は、ほとんどの方が購入先の自動車ディーラーで車検を依頼されているのではないでしょうか。新車購入時に、初回の車検費用がついたプランもあることから、車検はディーラーというイメージをお持ちの方も多いはず。ディーラー車検は、きっちりとした基準に則って部品等が交換されたり点検されますので、完璧に整備が成された後に車検を通します。費用は割高ですが、その分、しっかりと整備を望む方にお勧めだと言えます。

中古車販売店に車検を依頼する

新車を販売する自動車ディーラーではなくても、中古車を販売している自動車店であっても車検を依頼できます。陸運局の認証工場などであれば、かなりしっかりとした整備を行ってくれますし、安心できるでしょう。こういった中古車販売店は、地域に密着した小規模店が多いので、ディーラーに比べてかなり融通がききます。希望予算を伝えると、その範囲内で整備を行ってくれるところもありますので、活用してみてはいかがでしょうか。

自分で車検を通すユーザー車検

車検は、自動車販売店に依頼するものだというイメージがありますが、実際には、自動車販売店ではなくとも、個人で車検を通すこともできます。つまり、自分で所有している自動車を、自分で車検を通すわけです。意外と知られていませんが、この制度はユーザー車検と呼ばれています。最寄の陸運局に行けば、申請書類や必要な金額を教えてもらえますし、自分の車に乗って実際に車検を受験できます。ただ、車検の合格基準にある事が前提ですので、自動車が合格基準にない場合は当然整備が必要となります。

車検は中古車なら2年事、新車なら3年に一度行う義務が有り、排気量によって費用も違いますので前もって確認しておく必要が有ります。